So-net無料ブログ作成
検索選択

伊豆大島

知事さんのホジョをもらって旅行してきたのであります(笑)
2015年9月17日~19日、東京都の伊豆大島観光復興支援事業の宿泊代3000円割引を利用して、伊豆大島に行ってきた。


竹芝客船ターミナルの「TOKYO ISLANDS CAFE」で八丈島ムロアジバーガーを買って、8:30発のジェット船に乗ってから食べた。ムロアジのカツが結構ボリュームがあって美味。
ジェット船は船体が海面から浮き上がって進む水中翼船で、普通の船のような揺れ方をしない。ダイビングボートで、転覆するんじゃないかというような横揺れや、波を乗り越えた後の落っこちるような感覚を何度も体験しているが、ジェット船の乗り心地は新幹線に近いと思う。スピードも船とは思えないくらい速い。

2時間ほどで岡田港に到着。
北東の風が強いためダイビングは不可との連絡をもらっていたが、なぜかショップの人が迎えに来ていた。王の浜だったら潜れそうとのこと。
予約していたレンタカーをドタキャンして、王の浜に潜った。
うねりが激しく、透明度も悪かった。「やめとけばよかったですね」とガイドさんが言った。
ダイビングは1本で切り上げて、温泉に入ることにした。


元町の「御神火温泉」。ダイビングショップでもらった半額券で500円で入れた。半額券は民宿などでも置いていたりするので、何とかして手に入れてから行きましょう。観光特派員になるという手もある。というか通常料金の1000円は高過ぎだろ。
入浴後、フロントで民宿への行き方を訊いたら地図をくれて、この道を真っ直ぐ行けばよい、と教えてくれた。距離は4kmくらい、アップダウンもあるらしい。なるほど、ほんの4kmほど歩けばいいのか、ご親切にありがとうございます。
(宿がある野田浜は路線バスの周回経路から外れていて、島には流しのタクシーは走っていない。)
宿に電話したら迎えに来てくれた。


民宿「野田浜園」の部屋。昭和の香り漂う十畳の和室。なんとバス・トイレ付!ただしトイレは和式。洋式トイレ(ウォシュレット付き)は共用の1か所だけあった。
共用の風呂があるが入らなかったので不明(1日目は温泉入ってきたので。2日目は客が一人だけだったので部屋の風呂を使えと言われた)。
部屋は禁煙、喫煙はリビングルームのようなところで可能。ビール・酎ハイ・ソフトドリンクの自販機あり。インスタントコーヒー飲み放題。


夕食は品数が多い。明日葉は大島でも八丈島でもよく出てくるが、天ぷらよりお浸しが合う気がする。卓上コンロの中身はエノキと牛肉。


朝食でも卓上コンロ。熱せられてるのは鯵の干物。納豆、海苔、焼売、玉子焼き、ポテトサラダ。大根の味噌汁が好物であります。


昨日より穏やかな王の浜。真ん中へんに映ってるのは飛行機であります。


昼頃になってだいぶ海況もよくなってきて、秋の浜に入れた。ニタリやハンマーにお目にかかれる(かもしれない)スーパービーチポイントである。(今回は大物には出会えませんでした。)


道路に雉がいた。


夕食。卓上コンロの中身は白身魚のバター蒸し、身がしっかりとした、サワラかムツの仲間かな。刺身は脂がのった、カンパチとかそういう系。明日葉のお浸しには島海苔がのってた。


朝食。海苔、ソーセージ(たぶんシャウエッセン)、目玉焼き、もやしのカレー風味炒め、マカロニサラダ。


卓上コンロの蓋を開けてびっくり、なんとハッシュドポテト!
卓上コンロの宿、野田浜園。


帰りの船を待つ間、岡田港の土産物屋で大島牛乳プリンを買ってきて待合所で食べた。大島牛乳アイスかプリン、島での楽しかった時間を思い起こし、泣きながら食べるがよい。


「龍王神社」。港をみまもる社であろうか。


帰りのジェット船が着いた。しかたない、帰るか。









この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。